ザ・ホレット・ウー・レクチャー・ノート

ザ・ホレット・ウー・レクチャー・ノート

The Japan Cup 2018のメインゲストとして来日したホレット・ウー(Horret Wu)氏のレクチャー・ノートです。応用が利くテクニックがいくつか解説されています。FISMのコンテスト(カード部門)で優勝するには、どれくらいのことが出来なければならないかが、よく見えてくると思います。カードを少し突っ込んでやってみたいと思われている方にとっては必読書です。

収録作品:

1.記憶ゲームをしよう:演者は、デックから適当に4枚のカードをフェイス・アップで取り出します。次に4枚のカードをテーブル上に、フェイス・ダウンで置いていき、混ぜます。再びフェイス・アップにすると、4枚のカードは、全てエースになっています。

2.スナイパー:デックに向かって1枚のカードを弾き飛ばすと、そのカードはデックに刺さります。刺さったところから、観客が選んだカードが現れます。過去にDVDでも解説されている作品ですが、そこにさらに新しいアイデアが色々加えられています。

3.刺客の信念:リボン・スプレッドしてあるカードの中程に、1枚のカードを弾き飛ばすと、そのカードはスプレッドの中程に刺さります。怪しい動作なしで、刺さったカードの下にあるカードを公明正大に取り上げると、そのカードが観客の選んだカードです。

4.ラッキー・ナンバー・ミラクル:観客に1から10まで、数字を1つ言ってもらいます。デックをシャッフルして、10枚のカードをテーブル上に並べていきます。観客の言った数字の位置にあるカードがAです。この10枚の上に重ねるようにして、さらに10枚のカードを配りますが、やはり同じ数字の位置にあるカードがAです。これを再度繰り返し、3枚目のAを示します。さらに同様にカードを配っていきますが、最後は観客の言った数字の位置からはAが出てきません。そこで出てきたカードの数字分の枚数だけさらにカードを配っていくと、最後のAが現れます。

5.カオスの世界:演者は、裏表をバラバラに混ぜたデックを使って、センター・ディールのデモンストレーションをすると宣言し、裏表混合のスペードのカード13枚を、あっという間に取り出してみせます。

¥ 2,200

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料500円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。